交響曲

交響詩というジャンルの創始者として知られるフランツ・リストは『ダンテ交響曲』の第一楽章で「地獄篇」(第5歌)におけるパオロとフランチェスカの悲恋物語を描いており、ここでは間接的にランスロットと王妃ギネヴィアの姦通愛が問題になっている。ワーグナーの助言により「天国篇」の作曲は断念したけど、リスト以降、たくさんの作曲家がダンテの詩的世界を音楽で描こうとチャレンジしています。

アメリカの女性作曲家エリナー・レミック・ウォーレンはアルフレッド・ロード・テニソンの『国王牧歌』に基づいた一大交響曲を作曲。オリヴィエ・メシアンの『トゥーランガリーラ交響曲』は現代音楽の大傑作として知られているけど、これは《トリスタン三部作》と呼ばれるシリーズ作品の一つ。ワーグナーの影響とは別にメシアンには幼少期からアーサー王伝説への並々ならぬ関心が見て取れます。


フランツ・リスト(Franz Liszt, 1811-1886年)

『ダンテ交響曲』(S.109)

Eine Symphonie zu Dantes Divina Commedia, 1855-56年

Franz Liszt, Dante Symphony / Dante Sonata
• Dante Symphony : "Eine Symphonie zu Dantes Divina Commedia"
• Dante Sonata : "Après une lecture du Dante"
■ Berliner Philharmoniker
■ Damenchor des Rundfunkchors Berlin
■ Daniel Barenboim (Conductor & Piano)
Teldec 9031-77340-2
録音 : 1992年2月、旧シャウシュピールハウス・ベルリン(現コンツェルトハウス・ベルリン)でのライブ録音(『ダンテ交響曲』)。1985年7月、バイロイト新宮殿(『ダンテ・ソナタ』)。
Franz Liszt, Dante Symphonie / Orpheus
• Symphonie d'après la Divine Comédie de Dante
• Orpheus
Les Siècles conducted by François-Xavier-Roth
Musicales Actes Sud ASM07
録音 : 2011年9月9日、ラン大聖堂(『ダンテ交響曲』)。2011年12月4日、カン劇場(『オルフェウス』)。

 

ジョバンニ・パチーニ(Giovanni Pacini, 1796-1876年)

『ダンテ交響曲』

Sinfonia Dante, 1865年

 

エリナー・レミック・ウォーレン(Elinor Remick Warren, 1900-1991年)

『アーサー王伝説 : バリトン、テノール、合唱とオーケストラのための合唱交響曲』

The Legend of King Arthur : A Choral Symphony, for Baritone, Tenor, choir and orchestra, 1939–1940年

Elinor Remick Warren, The Legend of King Arthur : A Choral Symphony
■ Polish Radio and Television Symphony Orchestra and Chorus of Cracow conducted by Szymon Kawalla
■ Bronislawa Wietrzny (Choral Director)
■ Thomas Hampson (Baritone)
■ Lawrence Vincent (Tenor)
 Cambria Records CD-1043
録音 : 1989年11月、ポーランド、クラクフ。世界初録音
Elinor Remick Warren, The Legend of King Arthur / Hans von Koessler, Sylvesterglocken
■ Chor und Orchester der Universität Hamburg conducted by Bruno de Greeve
■ Christiane Laukemperm (Soprano)
■ Christa Bonhoff (Alto)
■ Dantes Diwiak (Tenor)
■ Konstantin Heintel (Baritone)
録音 : 2008年2月8日、ライスハレ(ハンブルクのコンサートホール)の大ホールでのライブ録音。ハンブルク大学で学術音楽監督を努めるオランダ人指揮者Bruno de Greeveによる同大オーケストラと合唱団の演奏。私家版の二枚組CDハンブルク大学の販売サイトらしきURLが明記されていたがリンク切れ。コンサートのお知らせは残っていた。
Elinor Remick Warren
The Crystal Lake / Scherzo / The Fountain / The Legend of King Arthur (i) Intermezzo, (ii) Aria : King Arthur's Farewell (1939 arr 1941) / Along the Western Shore (i) Dark Hills, (ii) Nocturne, (iii) Sea Rhapsody / Along the Western Shore, (i) Dark Hills, (ii) Nocturne, (iii) Sea Rhapsody / Symphony in One Movement / Suite for Orchestra (i) Black Cloud Horses, (ii) Cloud Peaks, (iii) Scherzino : Ballet of the Midsummer Sky, (iv) Pageant across the Sky.
■ Royal Scottish National Orchestra conducted by Ronald Corp
■ BBC Concert Orchestra conducted by Martin Yates
■ Roderick Williams (Baritone)
 Dutton Epoch CDLX 7235
録音 : 2009年8月4-5日にヘンリー・ウッド・ホール。以下の5曲目のみ同年10月6日にワトフォード、コロセウム・タウンホールで録音。5曲目の「アーサー王の告別」のみMartin Yates指揮によるBBCコンサート・オーケストラ、及びRoderick Williamsのバリトン歌唱による演奏。1941年にコンサート・アリア用に仕立てられたバージョンでの世界初録音

 

ボリス・ティシチェンコ(Boris Tishchenko, 1939-2010年)

『ダンテ交響曲第2番』(Op.123, No.2)

Dante Symphony No.2 ("Abandon Hope, All Ye Who Enter Here"), 2000年

Boris Tishchenko, Dante Symphonies Nos. 1 & 2
Beatrice : Choreosymphonic Cycliade
• Dante Symphony No.1 "Among the Live"
■ St. Petersburg Philharmonic Orchestra conducted by Yuri Kochnev
• Dante Symphony No.2 "Abandon Hope All Ye Who Enter Here"
Part 1 "That thou mayst free thee from this apprehension" (Circles 1-3)
Part 2 "Who heaps up so many new toils and sufferings as I beheld?" (Circles 4-6)

■ St. Petersburg Philharmonic Orchestra conducted by Nikolai Alexeyev
Northern Flowers NF/PMA9961
録音 : 1998年3月20日、サンクトペテルブルク・フィルハーモニア、大ホール(『ダンテ交響曲第1番』)。2001年5月8日(『ダンテ交響曲第2番』)。

 

オリヴィエ・メシアン(Olivier Messiaen, 1908-1992年)

『トゥーランガリーラ交響曲』

La Turangalîla-Symphonie, 1946-1948年

Olivier Messiaen, Turangalîla-Symphonie pour piano principal et grand orchestre
I. Introduction / II. Chant d'amour 1 / III. Turangalîla 1 / IV. Chant d'amour 2 / V. Joie du sang des étoiles / VI. Jardin du sommeil d'amour / VII. Turangalîla 2 / VIII. Développement de l'amour / IX. Turangalîla / X. Final
■ Orchestre de l'Opéra Bastille conducted by Myung-Whun Chung
■ Yvonne Loriod (Piano)
■ Jeanne Loriod (Ondes Martenot)
Deutsche Grammophon 431 781-2
録音 : 1990年10月、パリ、オペラ・バスティーユ。

2021年4月11日

© 2022 L'Ermitage du Cor