協奏曲

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(Hans Werner Henze, 1926-2012年)

『トリスタン : ピアノとテープと管弦楽のための前奏曲』

Preludes für Klavier, Tonbänder und Orchester, 1973年

Hans Werner Henze, 2. Klavierkonzert für Klavier und Orchester / Tristan
[Disc1]
• Klavierkonzert für Klavier und Orchestr Nr.2
■ London Philharmonic Orchestra conducted by Hans Werner Henze

■ Christoph Eschenbach (Piano)
[Disc2]
• Tristan : Preludes für Klavier, Tonbänder und Orchester
■ Kölner Rundfunk-Sinfonie-Orchester conducted by Hans Werner Henze
■ Homero Francesch (Piano)
• Zwei Ballett-Variationen
■ RIAS-Symphonie-Orchester Berlin conducted by Ferenc Fricsay

• 3 Tientos für Gitarre
■ Siegfried Behrend (guitar)

Deutsche Grammophon 449-866-2
録音 : 1949年12月、ベルリン、イエス・キリスト教会(『2つのバレエ変奏曲』)。1968年3月、同所(『ギターのための3つのティエントス』)。1970年4月、ロンドン、ウェンブリー・タウンホール(『ピアノ協奏曲第2番』)。1975年6月、ケルン、WDR(西ドイツ放送局)、放送大ホール(『トリスタン』)。
Scars of the War, Hartmann / Henze
• Karl Amadeus Hartmann, Symphonie No.4 für Streichorchester
■ Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks conducted by Rafael Kubelik

録音 : 1967年5月、ミュンヘン
• Hans Werner Henze, Tristan : Preludes für Klavier, Tonbänder und Orchester
■ Kölner Rundfunk-Sinfonie-Orchester conducted by Hans Werner Henze
■ Homero Francesch (Piano)
録音 : 1975年6月、ケルン、WDR(西ドイツ放送局)、放送大ホール。
Deutsche Grammophon POCG-30140(国内盤)
長木誠司監修による「戦争の傷痕」と題された現代音楽シリーズの一枚。カール・アマデウス・ハルトマン『交響曲第4番』とのカップリング。
1977年リリースのドイツプレスのLP。『トリスタン : ピアノとテープと管弦楽のための前奏曲』のみを収録。ヘンツェの著作『音楽と政治 : 著作と発言 1955-1984』(ミュンヘン、1976年)の抜粋がリーフレットとして付属(独語の原文とその英訳)。1977年(昭和52年)にレコード・アカデミー賞(現代曲部門)を受賞した名盤。
Deutsche Grammophon 2530 834
 

 

カイヤ・サーリアホ(Kaija Saariaho, 1952年-)

ヴァイオリン協奏曲『グラアル劇場』

Graal Théâtre, 1994年

Kaija Saariaho, Château de l'âme / Graal Théâtre / Amers
• Graal Théâtre
I. Delicato / II. Impetuoso
■ BBC Symphony Orchestra conducted by Esa-Pekka Salonen
■ Gidon Kremer (Violin)
録音 : 1996年6月、ロンドン、メイダ・ヴェール・スタジオ(第1)。
• Chateau de l'âme
I. La liane / II. A La Terre / III. La liane / IV. Pour repousser l'esprit / V. Les formules
■ Finnish Radio Symphony Orchestra and Members of the Finnish Radio Chamber Choir conducted by Esa-Pekka Salonen

■ Dawn Upshaw (Soprano)
録音 : 2000年6月1-2日、ヘルシンキ、文化ホール。
• Amers
Part 1: Libero, dolce, misterioso / Part 2: Sempre molto energico, ma espressivo
■ Avanti! Chamber Orchestra conducted by Esa-Pekka Salonen

録音 : 1998年6月29日、ヘルシンキ、フィンランド放送レコーディング・スタジオ。
Sony Classical SK60817
Kaija Saariaho, Graal Théâtre / Solar / Lichtbogen
• Graal Théâtre, version for violin and chamber orchestra
• Solar
• Lichtbogen for nine musicians and live electronics
■ Avanti! Chamber Orchestra conducted by John Storgårds

■ Hannu Lintu ‎(Violin)
 ONDINE ODE997-2
録音 : 2001年10月、ヘルシンキ、Studio M2/YLE。
Kaija Saariaho, Graal Théâtre / Circle Map / Neiges / Vers toi qui es si loin
• Vers toi qui es si loin (for violin and orchestra)
• Circle Map
• Neiges (version for 12 celli)
• Graal Théâtre (for violin and orchestra)
■ Oslo Philharmonic Orchestra conducted by Clément Mao-Takacs
■ Peter Herresthal (Violin)
BIS BIS-2402
録音 : 2018年6月、オスロ・コンサートホール。SACDハイブリッド盤。『遙か彼方の君へ』はサーリアホの歌劇『遠方の愛』(2000年)の終幕のアリアをペーテル・ヘッレスタールのために編曲したバージョンで『雪』と共に世界初録音
Saariaho X Koh
• Tocar
■ Jennifer Koh (Violin)
■ Nicolas Hodges (Piano)
• Cloud Trio
■ Jennifer Koh (Violin)
■ Hsin-Yun Huang (Viola)
■ Wilhelmina Smith (Cello)
• Light and Matter
■ Jennifer Koh (Violin)
■ Anssi Karttunen (Cello)
■ Nicolas Hodges (Piano)
• Aure
■ Jennifer Koh (Violin)
■ Anssi Karttunen (Cello)
• Graal Théâtre
■ Curtis 20/21 Ensemble conducted by Conner Gray Covington
■ Jennifer Koh (Violin)
 
Cedille Records CDR 90000 183
録音 : 2016年10月31日、フィラデルフィア、カーティス音楽院、ミリアム&ロバート・グールド・リハーサルホール(『グラアル劇場』)。2016年12月11日、ニューヨーク、芸術・文学アカデミー(『クラウド・トリオ』)。2017年11月25-26日、パリ、ステュディオ・フェルベール(『トーカル』『光と物質』『アウレ』)。『光と物質』は世界初録音、『アウレ』はヴァイオリン&チェロのバージョンでは初録音

2021年4月11日

© 2022 L'Ermitage du Cor